「VR」タグアーカイブ

想定読者

HTC Vive Trackerと色々なハードウェア(例えばガンコン)を繋げて、それらの入出力を取りたい人

必要なスキル

はんだ付け
3Dプリント or 穴あけ作業

概要

こんにちは。今度 de:code 2017 に遊びに行く、ハードウェアエンジニアのGOE3です!
今回は、HTC Vive Trackerから出ているポゴピン(電極)を扱いやすくする方法を紹介させて頂きます。
IMG_20170517_232829

まとめ

以下のパーツを使うと、ポゴピンにアクセス出来るようになります

電子部品

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08269/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10440/

tracker固定用ネジ

http://amzn.asia/iTuoYmu

3Dプリントパーツ

http://www.thingiverse.com/thing:2329363

製作した経緯

最近、とあるVRの会社さんから、HTC Vive Tracker にはポゴピン(電極)が付いており、ここにアクセス出来ると、インプット・アウトプットに使用出来るのだけど、公式パーツが未だ出ていない為、市販品を使って簡単にアクセスする方法は無いだろうか?と相談を受けました。

1

ちなみに、HTC Vive Trackerについては、坪倉さんのサイトで丁寧にまとめられています。(電極へのハックもされていますね)

で、ポゴピンへのアクセスを難しくしている原因の一つが、3mmピッチという仕様。ポゴピン買ってくるのも一般的じゃないよなぁと思い、何とか出来ないかと悩んでいたのですが、ふと「1.778mmピッチのICソケットなら、一つとばしで当てれば大体フィットするのでは?」と思い付きました。

具体的には、これを11端子分切り取ります。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08269/

で、秋月の1.778×2.54ピッチ変換基盤と組み合わせます。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10440/

IMG_20170518_223543

後は、Trackerに取り付ける為のパーツを作って完成!
スイッチは、各インプット端子と、GNDが繋がるようになっています。
IMG_20170517_232539IMG_20170517_232829

実際の動作試験は、フォージビジョンのVRエンジニアである、izmさんにお手伝い頂きました。
https://twitter.com/izm/status/865218203735031808

未検証ですが、trackerのネジ位置合わせて、基板側に穴を空ければ、3Dプリントする部品が無くてもいける気がします。3Dプリンタが無い!という方はお試しいただけますと幸いです。

ハードウェア周りについては色々とご相談を受けていますので、ハードが弄れれば、もっと色々な開発出来るのに!という方が見えましたら、一度ご相談下さい!


概要
HoloLensのSpectorView(第三者視点投影)で使える、HoloLensリグの紹介
IMG_20170224_005510

まとめ

HoloLens のリグを設計しました。ご入用の方はこちらからご注文下さい!

リグ発注先

【個人向け】->  上パーツ     下パーツ

【企業向け】->  上下パーツセット
(個人向けと内容は一緒です!川越のお昼ご飯支援するよー!という方はこちらからお願いします!)

【Oversea  or Print in black 】 ->  上パーツ  下パーツ

 海外在住の方 or 黒色で出力されたい方向け (このサイトで発注した事が無いので、出力された方は結果を教えて頂けますと幸いです!)

共通部品 (各1個 必要)

高ナット(鉄/生地)
(+-)ナベ小ねじ (ステンレス)(パック品)

カメラと繋ぐ場合

JJC製良質 ホットシュー シューアダプター 連結ネジ
六角ナット

三脚と繋ぐ場合

八幡ねじ 変換ジョイント W1/4-M6 20山&P1.0
六角ナット

あると取り外しが楽になるパーツ

ノブボルト(M6 × 10~20mm) 2個
例 : 三星 キャンディノブボルト M6×15

はじめに

こんにちは。ハードエンジニアのGOE3です。
先日、HoloLensを(2年以上のお昼ご飯代と引き換えに)ようやくGETし、遊び始めました!!
ところで、HoloLensが届いた次の日に、MicroSoftからSpector Viewという、HoloLensの視点を第三者と共有出来る仕組みが出てきました。

面白そうだなーと眺めていたのですが、HoloLensをカメラにマウントする部品をよく見ると、アルミ削り出しな上に「欲しい人は、近くの加工屋さんに依頼してねー!」との事。
aaa

高そうだなーと思いつつ 、とりあえずProtoLabsに見積もりを投げてみたところ、総額16.6万+台座の3Dプリント代でした。(もっと安く依頼出来るとこもあるとは思いますが…)

Protomitumoriprotomitumori2

これを3Dプリンターで再設計して販売出来れば、世の為人の為(ついでに僕が再びお昼ご飯を食べられるようになる!)と思い、設計してみました。
bbb

で、設計と出力したとこまでは良かったんですが、Spector Viewって複数台使わないと検証出来ないんですよね…
どうしようかなー?と思っていたのですが、丁度遊びに行く予定だったVR CREATIVE CONNECTION 2017 WINTERで、最近HoloLensも取り扱う会社(HoloLab)を立ち上げられ、KinectやRealSense本でお世話になった、中村薫さんにお渡しでき、その後専用設計のご依頼を頂きました!
また、VR Tech Tokyo #6 @ Microsoftでは、マイクロソフト エバンジェリストの高橋忍さんにもご好評いただいています

総評

アルミ削り出しよりは耐久性は落ちると予想していますが、全体的に軽く締め付ける構造にし、ガッチリ固定出来るようになっています。
また、公式リグとの差別化として、HoloLensヘッドパーツの取り外しが不要・背部より映像確認が可能・軽い・取り外しが楽といった点があります。
なお、リグ上部の3個の穴は、追加パーツ取り付け用に置いていますので、今後要望次第で、色々なパーツを取り付けられるようにしていきたいと思います。

組み立て方法

HoloLensのヘッドバンドを少し後ろにずらし、上下からネジで締めこみます(締めすぎ注意)
bunkaigoIMG_20170224_005510IMG_20170224_005521

補足

販売ページとは別に、個人的にご連絡頂ければ、もちょっとお安くしたり、特定カメラ専用設計のお仕事も出来るかと思います。
お気軽にFBよりメッセージをお願いします!
ちなみに、03/25に開催されるTokyo HoloLens ミートアップ vol.2 にも参加予定ですので、そちらで直接触って頂く事も可能です!

Spector View とは

マイクロソフト、HoloLensで見える世界を他の人に高画質ライブストリーミング配信できるリグ「Spectator View」を発表。自社のライブデモでも使用